ニキビ本体とニキビ跡を治す方法を知れば、君の青春はバラ色

頬に手を当てて微笑む女性

クリニックで治す

クリニックへ行くことで、ニキビを治す、ニキビ跡を消すことが出来るようになります。
風邪を引いた人が内科の病院へ行くように、美容皮膚科のクリニックへ行くと、ニキビを治したりニキビ跡を消したりすることが出来るのです。

クリニックでは、ニキビから皮脂の塊を取り出す治療を行い、ニキビ跡を薬やレーザーを使って消す治療を行います。
皮脂の塊を取り出し、ニキビ跡を消すまでの一連の治療に、それぞれ別種類ではありますが、レーザーが使われることもあります。レーザーは、熱エネルギーによって皮脂の塊を消失させ、さらにニキビ跡の皮膚に働きかけ、皮膚の組織を入れ替えて新しくキレイな部分を上に持ってきます。
細胞レベルで細かい変化が肌の上に起こり、治療が終了したときには穴ぼこや赤みの消えた肌が戻ってきているというわけなのです。

また、最近注目されているニキビ跡の治療方法としては、ケミカルピーリングというものがあります。
こちらも、上に書いたレーザーによる治療とちょっと似ているところがあります。最終的には肌の組織に働きかけ、自分自身で治すということを中心にするからです。
ただ、ここで使われるのはレーザー照射のための機械ではなく、小さなローラーと、そこに塗る薬なのです。
サリチル酸などの物質を含んだ薬が、ニキビ跡で悩んでいる部分のお肌に塗られると、そこであることが起きます。そのことが起きたあと、肌をつるりと拭ってキレイにすると、その下からはむきたての卵のような美しい肌が出てくるという仕掛けなのです。

ローラーで薬を塗られたあと、肌の上で起こっている「あること」とは何か?
それは、お肌の新陳代謝にほかなりません。別の名前ではターンオーバーと呼ばれるこの現象は、お肌だけではなく世の中のあらゆるところで起きていることでもあります。
新陳代謝は、「新しいモノが古いモノに取って代わる」ということを意味しています。人の世で言えば世代交代であり、お肌の上で言えば細胞の入れ替わりです。
古い細胞は汚れとしてお風呂で洗い落とされ、新しい細胞は前面に出て陽の光を浴びることになります。

ケミカルピーリングとは新陳代謝を人工的に起こさせて、お肌を生まれ変わらせる方法なのです。ニキビ跡はスッキリ消え、笑顔は眩しく、美しく輝くことになります。